論文雑誌「JACS」のカバーアートを制作しました[京都大学]

弊社で制作しました京都大学 Dae-Woon Lim先生のカバーアートが
アメリカ化学会発行の学術雑誌 JACS(Journal of the American Chemical Society)
2020年4月号に選ばれました。

カバーピクチャー JACS 科学イラスト 京都大学 LIM, Daewon先生
Client
京都大学
理学研究科  ナノ物質科学特別講座
Dae-Woon Lim 先生
Journal
Journal of the American Chemical Society
April 15, 2020  Volume 142, Issue 15 Link
Highly stable superprotonic conductivity (>10–2 S cm–1) is achieved in metal–organic frameworks through solvent-free coordinative urea insertion. The decreased porosity and interface between H2O and urea bound to open metal sites (OMSs) strengthen hydrogen bonds between guest H2O, resulting in a significant change in proton conductivity and diffusion mechanism.

Marvin K. Sarango-Ramírez,Dae-Woon Lim*,Daniil I. Kolokolov,Alexander E. Khudozhitkov,Alexander G. Stepanov and Hiroshi Kitagawa*"Superprotonic Conductivity in Metal–Organic Framework via Solvent-Free Coordinative Urea Insertion"J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 15, 6861-6865
Link
  • JACS
  • 京都大学
  • Cover Art
  • カバーピクチャー
  • 学術雑誌・ジャーナル
  • イラスト
  • 論文
  • 表紙絵
  • ナノ科学
  • 無機化学
  • 科学
  • 制作実績