論文雑誌「Materials Advances」のカバーピクチャーを制作しました[高知工科大学]

弊社で制作しました高知工科大学 大谷政孝先生 ご依頼のカバーアートが
イギリスの王立化学会発行の学術雑誌 Materials Advances 2022年2月号に選ばれました。

カバーピクチャー 科学イラスト 論文表紙絵 アートアクション 高知工科大学
Client
高知工科大学
環境理工学群 
大谷政孝先生
Journal
Materials Advances
21 February 2022,  Issue 4 Link
Impact of nanosizing a host matrix based on a metal–organic framework on solid-state fluorescence emission and energy transfer
Hikaru Sakamoto, Akitaka Ito and Masataka Ohtani

We demonstrate that the nanosize effect appears to affect the properties of dye molecules encapsulated in the pores of a metal–organic framework (dye@MOF). The emissive properties of the nanosized dye@MOF are improved compared with those of sub-micron-sized dye@MOF. The fluorescence energy transfer between encapsulated dye molecules and adsorbed quencher molecules exhibits a higher efficiency with a smaller dye@MOF crystal compared with a larger dye@MOF crystal.
Link
  • Materials Advances
  • 高知工科大学
  • RSC
  • Cover Art
  • カバーピクチャー
  • 学術雑誌・ジャーナル
  • イラスト
  • 論文
  • 表紙絵
  • 制作実績