論文雑誌「Inorganic Chemistry」のカバーアートを制作しました[同志社大学]

弊社で制作しました同志社大学 角谷 優樹 様のカバーアートが
アメリカ化学会発行の学術雑誌 Inorganic Chemistry 2021年4月号 Front Coverに選ばれました。

カバーピクチャー 科学イラスト 論文表紙絵 アートアクション 同志社大学
Client
同志社大学
理工学研究科 
角谷 優樹 様
Journal
Inorganic Chemistry
April 19, 2021,  Volume 60, Issue 8 Link
Dicopper(II) Complexes of p-Cresol-2,6-Bis(dpa) Amide-Tether Ligands: Large Enhancement of Oxidative DNA Cleavage, Cytotoxicity, and Mechanistic Insight by Intracellular Visualization
Yuki Kadoya, Machi Hata, Yoshiki Tanaka, Atsuhiro Hirohata, Yutaka Hitomi, and Masahito Kodera*

The dicopper(II) complex of the p-cresol-2,6-bis(dpa) amide-tether ligand is 72-fold more active in DNA cleavage with H2O2 and 24-fold more cytotoxic to HeLa cells than related complexes. A Bodipy-modified complex visualizes intracellular behavior. The dicopper complex cleaves DNA and/or RNA of nucleoli and mitochondria to induce selective cell death of cancer cells. See Y. Kadoya, M. Hata, Y. Tanaka, A. Hirohata, Y. Hitomi, and M. Kodera.
Link
  • Inorganic Chemistry
  • 同志社大学
  • ACS
  • Cover Art
  • カバーピクチャー
  • 学術雑誌・ジャーナル
  • イラスト
  • 論文
  • 表紙絵
  • 制作実績