論文雑誌「JACS」のカバーアートを制作しました[東北大学]

弊社で制作しました東北大学 沈勇兵 先生のカバーアートが
アメリカ化学会発行の学術雑誌 JACS(Journal of the American Chemical Society)
2021年4月号に選ばれました。

カバーピクチャー 科学イラスト JACS 論文表紙絵 アートアクション 東北大学
Client
東北大学
大学院理学研究科 
沈勇兵 先生
Journal
Journal of the American Chemical Society
April 7, 2021,  Volume 143, Issue 13 Link
Emergence of Metallic Conduction and Cobalt(II)-Based Single-Molecule Magnetism in the Same Temperature Range
Yongbing Shen*, Hiroshi Ito*, Haitao Zhang, Hideki Yamochi, Goulven Cosquer,
Carmen Herrmann, Toshiaki Ina, Shinji K. Yoshina, Brian K. Breedlove, Akihiro Otsuka,
Manabu Ishikawa, Takefumi Yoshida, and Masahiro Yamashita*

Spintronics techniques play an important role in the modern materials of chemistry. The bifunctional molecular compound β''-(BEDO-TTF)3[Co(pdms)2]∙(MeCN)(H2O)2 shows single-molecule magnetic behavior and metallic conductivity in the same temperature range (12–26 K), which is very promising for molecular-based spintronics.

Link
  • 東北大学
  • ACS
  • JACS
  • Cover Art
  • カバーピクチャー
  • 学術雑誌・ジャーナル
  • イラスト
  • 論文
  • 表紙絵
  • 制作実績