論文雑誌「ACS Omega」のカバーアートを制作しました[東京理科大学]

弊社で制作しました東京理科大学 椎名勇先生のカバーアートが
アメリカ化学会発行の学術雑誌 ACS Omega
2021年2月号に選ばれました。

カバーピクチャー 科学イラスト 論文表紙絵 アートアクション
Client
東京理科大学
理学部応用化学科 
椎名 勇 先生
Journal
ACS Omega
February 9, 2021  Volume 6, Issue 5 Link
4-(Dimethylamino)pyridine N-Oxide-Catalyzed Macrolactamization Using 2-Methyl-6-nitrobenzoic Anhydride in the Synthesis of the Depsipeptidic Analogue of FE399
Takayuki Tonoi*, Takehiko Inohana, Ryo Kawahara, Teruyuki Sato, Miyuki Ikeda, Miku Akutsu,
Takatsugu Murata, and Isamu Shiina*

A dehydration condensation reaction using 2-methyl-6-nitrobenzoic anhydride (MNBA) in the presence of a nucleophilic catalyst, 4-(dimethylamino)pyridine N-oxide (DMAPO) or 4-(dimethylamino)pyridine (DMAP) is applied to the synthesis of macrolactams. Of note, it is revealed that by the use of a catalytic amount of DMAPO as a weaker base than DMAP, the MNBA-mediated macrolactamization smoothly proceeds to afford the target 16-membered macrolactam core of FE399.
Link
  • 東京理科大学
  • ACS
  • Cover Art
  • カバーピクチャー
  • 学術雑誌・ジャーナル
  • イラスト
  • 論文
  • 表紙絵
  • 制作実績