論文雑誌「JACS」のカバーアートを制作しました[京都大学]

弊社で制作しました京都大学 草田康平先生のカバーアートが
アメリカ化学会発行の学術雑誌 JACS(Journal of the American Chemical Society)
2020年8月号に選ばれました。

JACS カバーピクチャー 白金族ハイエントロピー合金 科学イラスト 京都大学 論文 表紙絵 草田先生
Client
京都大学
理学研究科  ナノ物質化学特別講座
草田 康平 先生
Journal
Journal of the American Chemical Society
August 12, 2020  Volume 142, Issue 32 Link
High-entropy alloy (HEA) nanoparticles of all six platinum group metals (PGMs) having a great variety of adsorption sites on their surfaces could be the best candidates to catalyze complex reactions. We demonstrate that PGM-HEA efficiently promotes the ethanol oxidation reaction with complex 12-electron/proton transfer processes.

Platinum-Group-Metal High-Entropy-Alloy Nanoparticles
Dongshuang Wu*, Kohei Kusada*, Tomokazu Yamamoto, Takaaki Toriyama, Syo Matsumura, Shogo Kawaguchi, Yoshiki Kubota, and Hiroshi Kitagawa*
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 32, 13833–13838
Link
  • JACS
  • 京都大学
  • Cover Art
  • カバーピクチャー
  • 学術雑誌・ジャーナル
  • イラスト
  • 論文
  • 表紙絵
  • ナノ科学
  • 無機化学
  • 科学
  • 制作実績